妊娠された方が出産に至るまでの健診、制度、出産後の赤ちゃん訪問についてのせています。

妊娠したら

  • 妊娠の届出・母子健康手帳の交付

    妊娠が分かったら妊娠の届出をしてください。
    妊娠の届出をした妊婦さんに母子健康手帳をお渡ししています。母子健康手帳は、これから予防接種や健康診査などを受ける際に必要となります。お母さんとお子さん両方の大切な健康の記録となります。

    お問い合わせ先
  • マタニティマーク

    神戸市では、母子健康手帳とともにマタニティマーク入りストラップをお渡ししています。
    妊娠中、特に初期は、赤ちゃんの成長はもちろん、お母さんにとっても大切な時期ですが、おなかが目立たないことから周囲の理解が得られにくい場合があります。

    お問い合わせ先
  • 妊婦健診

    市内にお住まいの妊婦の方に対し妊婦健康診査受診券を交付し、妊婦健康診査の公費助成を実施しています。

    お問い合わせ先
  • 妊婦歯科健康診査

    妊娠期間中に1回、無料で受けていただけるものです。
    安定期に入ってすぐ、妊娠16~20週くらいに受けましょう!

    お問い合わせ先
  • こうべ子育て応援メール

    妊婦や子育て世代を対象に、出産・育児の基礎知識などの情報を妊娠週数や月齢に応じてタイムリーにメール配信するサービスです。お母さんだけではなく、ご家族の方も、ご登録・ご利用できます。まずは空メールを送って登録してください。

    お問い合わせ先
  • 妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の医療費助成

    妊娠中毒症・未熟児などで入院した場合、医療費の公費負担制度が受けられます。

    お問い合わせ先
  • プレママ子育て体験セミナー

    初めてママになる方、出産までにお近くの保育所で保育士と一緒に赤ちゃんとふれあってみませんか。

    お問い合わせ先
  • 助産施設の利用

    保健上必要があるにもかかわらず、経済的理由により、入院助産を受けることができない場合に、助産施設(指定病院)で出産していただくための制度です。
    (事前に申請が必要です)

    お問い合わせ先

出産したら

  • 出生届

    出産したら14日以内に届け出を出してください。生まれてきたお子さんの氏名等が戸籍(日本国籍のお子さん)や住民票に記載されます。戸籍に記載されることで、生まれてきたお子さんの親族関係が公的に証明されます。
    届出先は出生した子の本籍地、届出人の所在地(住所地)、出生地のいずれかです。

    お問い合わせ先
  • 出生連絡はがき

    お子さんが生まれたらできるだけ早めに、母子健康手帳に添付されている「出生連絡はがき」をお住まいの区保健福祉部に郵送または提出してください。このはがきをもとに新生児訪問にうかがいます。なお、法律(母子保健法)で2500グラム未満のお子さんが出生した時は、保護者がその旨を速やかに届け出ることが義務づけられています。

    お問い合わせ先
  • こうべ子育て応援メール

    妊婦や子育て世代を対象に、出産・育児の基礎知識などの情報を妊娠週数や月齢に応じてタイムリーにメール配信するサービスです。お母さんだけではなく、ご家族の方も、ご登録・ご利用できます。まずは空メールを送って登録してください。

    お問い合わせ先
  • 先天性代謝異常等検査

    対象は生後5日から7日までの赤ちゃん。
    心身障害の原因となるフェニールケトン尿症などの先天性代謝異常とクレチン症を早期発見・治療するための検査です。
    市内の産婦人科で足の裏から血液を少量とって検査します。
    検査料は無料ですが、採血料は別途3,500円かかりますが、所得によっては採血料が公費負担となります。

    お問い合わせ先
  • 新生児訪問

    生後4か月を迎えるまでの乳児のいるすべてのご家庭を訪問し、健康状態の確認や必要な保健指導、健康や育児に関する相談、子育て支援に関する情報提供などを行います。
    お子さんが生まれた際の出生連絡はがきをもとに保健師が電話連絡してから、訪問します。

    お問い合わせ先
  • 産後ケア事業

    産後のお母さんが心身を休めていただきながら、授乳や沐浴などの育児技術を身につけていただけるよう、助産師などの専門家がサポートします。

    お問い合わせ先
  • 産後ホームヘルプサービス

    体調不良などで家事や育児が困難なご家庭に、神戸市と契約した事業者からヘルパーを派遣し、産後間もない時期の子育てを支援する制度です。
    サービスの利用期間は、出産後1年以内でサービスの開始から3か月以内(多胎児の場合は3か月を超えての利用が可能。サービスの開始から出産後1年以内)です。

    お問い合わせ先
  • 未熟児の医療費助成

    未熟児で入院した場合、医療費の公費負担制度が受けられます。

    お問い合わせ先
  • 里帰り出産(里帰り助成金)

    兵庫県外の医療機関で妊婦健康診査を受診された場合は、健診費用をいったん立て替え払いしてください。分娩または妊娠の終了後に里帰り助成金の申請をしていただきましたら、市役所での審査のうえ、公費助成の範囲内で助成金をお支払いします。

教室